くろまるらぼFXトレード

FX×GOLD×EAで生活を豊かに楽しくするブログ

【検証】市場ごとの値動き

GOLDの裁量トレードを行うにあたって、くろまるが重視している考え方について、まとめていきたいと思います。 

以下は各市場の時間帯毎に色分けをしたものです。

f:id:kuromarulab:20201125171018p:plain

市場ごとの値動き

FXは取引所が無く、主要な都市で取引がされる時間帯によって、以下のように市場が分類されています。これは、くろまるの大体の考えですので、FXを解説する各サイトで時間帯が異なっていると思います。

オセアニア時間 6:00~9:00(細黒帯)

東京時間 9:00~16:00(青帯)

欧州時間 16:00~21:00(太黒帯)

ニューヨーク時間 21:00~翌6:00(紫帯)

 

リアルタイムで各市場の値動きを観察すると、以下のイメージになります。上記のチャート画像を見ても大体感覚は伝わると思います。ただ、これは100%では無く、こういう傾向があるというものです。

オセアニア時間 スプレッドが広い、ほとんど動かない

東京時間 レンジが多い、値動きが遅い

欧州時間 一方的なトレンドの初動が発生しやすい

ニューヨーク時間 指標発表時間帯も重なり、大きく上下する、値動きが早い

 

すべての時間帯でトレードしようとすると、すべての時間帯の値動きのクセを把握する必要があります。そのためには、相当な時間をかけて、リアルタイムでチャートを観察する必要があると思います。

くろまるは、これまでの経験から、すべての時間帯で取引することはあきらめ、ニューヨーク時間の22:00~24:00頃に絞っています。時間帯を絞ることで、少しずつ値動きのクセのようなものが分かってきます。欧州時間の初動は入りたいと思うことがありますが、会社から帰宅後にゆっくり腰を据えて冷静にチャート分析ができる時間帯しか取引しないようにしています。